HDE(小椋一宏社長)は、ゲートウェイでメールを自動的に暗号化するソフト「HDE Secure Mail for OpenPGP」を6月22日に発売する。

 暗号化技術には「OpenPGP」を採用した。ゲートウェイ型であるため、PCに専用ソフトをインストールする必要がなく、既存のメールサーバーやウイルスチェックサーバーと容易に併用できる。

 公開鍵/秘密鍵は、サーバーで一括管理するため、各PCでの鍵管理作業が不要。また、鍵認証には、「S/MIME」のような第三者認証局を必要としないため、電子証明書の購入や更新費用も必要ない。価格は100メールアドレスで73万5000円から。価格の15%で年間サポートを提供する。