富士通システムソリューションズ(Fsol、秦聖五社長)は、運送・倉庫業向け「WebSERVE/物流統合ソリューション(IT点呼)」を発売した。

 新ソリューションは、国土交通省による「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の一部改正に基づき、運送・倉庫業の安心・安全をサポートするソリューション。運輸・倉庫業に精通した専任SEのノウハウと経験をもとに、効率的で高精度な点呼業務をサポートする。

 点呼データを管理し、ドライバーや事業所、車輌別などで安全管理情報の統計を容易にし、適切な指示・指導を実施できる。1営業所(IT点呼実施営業所)が複数の営業所(被IT点呼実施事業所)の点呼業務を受けもつことで、閑散時間帯における運行管理者の負荷軽減、人件費削減にも貢献するという。

 税別価格は、1サーバーライセンス費用が72万円から。ハードとソフト、導入支援およびカスタマイズ費用を含めた価格は別途個別見積り。今後3年間で480セットの販売を目標にしている。