IDC Japan(竹内正人社長)は7月21日、国内セキュリティ市場を調査し08年の実績や年平均成長率などの予測データを発表した。09年は前年比4.4%増のプラス成長を見込み、08年~13年までの年平均成長率(CAGR)は4.3%で13年の市場規模は2358億円と予測。不況の影響はあるものの、明るい見通しを示した。

 セキュリティ関連製品・サービスの分野別でみると、アイデンティティとアクセス管理ソフトの08年から13年までのCAGRは3.6%。金額は13年には573億円に達すると推測。内部統制効率化のためのIT投資が需要を創出するとみた。

 一方、セキュアコンテンツおよび脅威管理ソフトは、コンピュータの買い替えと市場拡大に伴う新規需要で安定成長を見込み、CAGRは2.8%。2013年の金額規模は1247億円とした。

 セキュリティおよび脆弱性管理ソフトは、セキュリティソフト以外のシステム統合管理、ログ分析や脆弱性診断といった製品・サービスが拡大するとみて最も高い成長率を予測。CAGRは9.3%で13年には308億円に達するという。

 登坂恒夫・セキュリティリサーチマネージャーは「ユーザーは、セキュリティ対策の重要性を認知している。セキュリティやソリューションベンダーは業務効率の低下を防ぐ製品を充実させるべき」と指摘している。