ガートナージャパン(日高信彦社長)は8月5日、2009年第2四半期(4-6月)のx86サーバー市場動向を発表した。出荷台数は、対前年同期比25.8%減の9万3783台。10万台を割った数値は、同社が過去に調査したなかで最低水準という。

 ベンダー別の出荷台数シェア順位は、NECが前年同期比15.5%減となったものの26.7%を獲得し、トップを堅持。2位はシェア22.7%で日本ヒューレット・パッカード(日本HP)が獲ったが、前年同期比での落ち込み幅が27.0%減と大きく落ち込んだ。3位は、前年同期で4位だった富士通が浮上(シェアは15.3%)。4位は富士通と入れ替わる形で前年同期に3位だったデル(同15.1%)、5位が日本IBM(同9.0%)と続いている。

 今後の予測について、亦賀忠明・バイスプレジデント兼最上級アナリストは、「景気低迷の影響を受け、少なくとも09年は相当厳しい結果となる」と予測。「市場は、仮想化やクラウドコンピューティングの流れを受けて変化しつつある。クラウドコンピューティングが浸透すれば、多くのユーザーは部門でサーバーを持たなくなる可能性がある。その一方で、企業内データセンターやデータセンター事業者によるサーバーの需要は増大する可能性がある」と話している。