グレープシティ(馬場直行社長)は8月7日、「.NET Framework」用の帳票コンポーネント最新版「ActiveReports for .NET 6.0J」を8月26日に発売すると発表した。全機能を利用可能なトライアル版を8月7日に公開したともに、発売に先行しバージョンアップキャンペーンも始めた。

 「ActiveReports」は、日本独特の帳票ニーズに応える多彩なデザイン力と開発生産性を備えた帳票開発コンポーネント。最新版は、日本語版と英語版ともにグレープシティが開発し、日本、米国、欧州市場で販売する。

 バージョンアップキャンペーンは4種類用意。旧版「ActiveReports」から移行するユーザーに対しては、特別価格で最新版にアップグレードできる「早期バージョンアップキャンペーン」および「バージョンアップライセンスキャンペーン」を用意した。

 また、新規購入企業には、割引クーポンを発行する「早期割ビキクーポンプレゼントキャンペーン」、サーバーライセンスを無償で提供する「サーバーライセンス無償提供キャンペーン」を実施する。

 「早期バージョンアップキャンペーン」は、8月7日から9月11日まで。最も割引率の高いキャンペーンという。

 一方、「バージョンアップライセンス」は8月26日から10月末日までの期間限定で、各販社・販売店を通じて販売する。.NET製品の旧版正規ライセンス所有者であれば、未登録ユーザーでも利用できる。このほか、「早期割ビキクーポンプレゼントキャンペーン」は8月7日から9月11日まで、「サーバーライセンス無償提供キャンペーン」は8月7日から10月末日まで展開する。