リンク(岡田元治社長)は、共同事業者であるエーティーワークス(伊東孝悦社長)とともに、サーバー障害時のサービス停止時間を最小限にとどめるクラスタリングサービス「Easy クラスタリング」を、at+link専用サーバーサービスのオプションとして9月1日から提供した。

 「Easy クラスタリング」は、オープンソースソフトウェアの「HeartBeat」と「DRBD」をベースとしたクラスタリングサービス。稼働中のサーバーに障害が発生してサービスが停止した場合、もう一方の待機サーバーに自動で切り替えを行い、サービスを継続する。従来のクラスタリングソフトウェアは100万円-200万円と高額だったが、「Easy クラスタリング」はオープンソースをベースとしているため、サポート付きで初期費用10万5000円、月額利用料4万7250円という低料金を実現した。

 ユーザーによるクラスタリング環境の構築や設定も不要で、高度な知識がなくても導入することが可能。MySQLやPostgreSQL、Apacheなどのアプリケーション(6種類)に標準で対応し、データベースサーバーを始め、ウェブやメールサーバーのクラスタリングも簡単にできるほか、使いやすい管理画面や障害時の自動通知機能も搭載している。