インフォマティカ・ジャパン(インフォマティカ、内田雅彦社長)は、データ品質管理ソフトの新版「Informatica Data Quality 8.6.2(IDQ 8.6.2)」を発売した。

 「IDQ 8.6.2」は、全社レベルでデータの分析やクレンジング、マッチング、レポート作成および監視のための機能を提供するソリューション。顧客、製品、財務、資材、価格、注文、資産データなどのあらゆるマスタデータに対応し、その品質を監視し評価する。
 情報の所有者が、データ品質の評価指標を設定して、問題の特定、分類、数値化を行うことができるほか、業務部門とIT部門の連携を実現し、両者が協業してデータ品質プログラムを継続的に実施することを支援する。

 また、同社のデータ統合プラットフォーム「PowerCenter」と連携でき、データ統合とデータ品質管理の双方がもつさまざまな機能を統一したプラットフォームで利用できる。
 このほか新版では、日本特有の住所表記の修正を行うための拡張機能モジュール「Japan Address Validation(JAV)」をオプションとして追加した。「JAV」は、富士通との戦略的協業の一環として共同開発したもので、住所/姓名辞書をベースにさらに高品質なデータクレンジングを可能とする。

 税別価格は「Informatica Data Quality 8.6.2」が4200万円から。新オプションの「Japan Address Validation」が470万円から。