CSKグループのCSIソリューションズ(田中喜一社長)は、ファルコンストア・ジャパン(ファルコンストア、山中義晴社長)とバックアップ/リカバリソリューションに関する販売契約を締結した。

 CSIソリューションズは、ファルコンストアの統合バックアップシステム「FalconStor CDP」や仮想テープライブラリ「FalconStor VTL」などを販売開始。仮想化ストレージやストレージ統合サービス、障害・災害対策ソリューションの提供を推進する。

 VMwareの仮想化ソフト「VMware」と組み合わせることで、10分程度でITサービスを復旧するリカバリソリューション「FalconStor CDP」や、テープをディスクに置き換えて最適化する仮想テープライブラリ「FalconStor VTL」、マルチベンダーのストレージを仮想的に統合するネットワークストレージサーバー「FalconStor NSS」を販売する。

 ファルコンストアは、CSIソリューションズをパートナーに加えたことで、製造や金融、製薬、情報サービス市場への販売体制を強化する。年間30社への販売を目標としている。