ディープソフト(李潤采代表取締役)は10月6日、Webメール+メールサーバーのトータルソリューション「MailSuite」を、大阪大学サイバーメディアセンターの3万2000ユーザー分の学内メールシステムに導入したと発表した。

 大阪大学サイバーメディアセンターでは、Webメール機能と迷惑メール・ウイルスメール対策機能を含んだメールサーバーとして03年から「MailSuite」を採用していたが、今回、多彩な機能と迅速なサポート力を評価し、09年のメールシステムのリプレースにおいても「MailSuite」を選定した。

 リプレース時には、クラウドを活用した無償ホスティングも検討したが、無償ホスティングはデータを手元に置くことができず、外部に渡すことになるほか、リプレースも困難になるなど懸念材料が多かったため、これまで培ってきた安心感、信頼性の高さに加え、新システムへの移行が容易なことを重視し、「MailSuite」を引き続き利用することにした。

 現在、同センターは、全学生と一部の教職員に対してアカウントを発行しているが、今後はそれを全学に広げようと検討している。