日立電子サービス(日立電サ、百瀬次生社長)は、システムエンジニア(SE)が訪問しシステム運用のトラブル解決などを手がけるサポートサービス「安心IT訪問サービス」を発売した。

 同社のSEが訪問し、システム運用作業代行や課題解決支援、トラブル復旧などシステム運用全般をサポートするサービス。サービスは(1)基本、(2)点検、(3)運用、(4)トラブル復旧支援――の4メニューを用意した。

 基本メニューは、月1回の定期訪問や基本情報管理などで、点検メニューと運用メニューは、フィルタ清掃やバックアップ媒体の交換、ユーザーアカウント管理などで構成した。一方、トラブル復旧支援メニューでは、トラブル復旧支援のほかネットワーク診断やヘルプデスクなども用意した。

 価格は基本メニューが2万6250円。点検メニューと運用メニューでは作業時間ごとで違い、1時間当たり1万5750円。トラブル復旧支援メニューは、個別見積もり。社内のシステム運用担当者が不足しているユーザー企業を主なターゲットに販売し、11年3月末までに1億8000万円の売り上げ目標を掲げている。