ITホールディングスグループのユーフィット(竹田喜彦社長)は、グループウェア機能とポータル機能を融合したSaaS対応のグループウェア「ナレジオン」を発売した。

 「ナレジオン」は、グループウェア機能と3種類のポータルを融合したグループウェア。スケジュール管理や施設予約、ワークフロー、ファイル管理、メールなどの基本機能のほか、全社員が必要な情報の「全社」、人事組織やプロジェクト、コミュニティなどの「グループ」、「個人」を3種類のカテゴリに整理して自動表示するポータル機能を実装する。またテキストマイニング機能付き検索エンジンで、全文検索が可能となっている。部門内やパートナー企業との情報共有で必要な機能のみを選択することもできる。

 価格は、スタンダード・エディションが840円(税込み、1ID/月額)からで、エントリー・エディションが315円(1ID/月額、年間契約)などとなっている。2012年度末に1000社・10万人の導入を目標とし、パートナープログラムを経由して拡販していくとしている。なお、2010年1月にはモバイル機能を標準機能として実装する予定だという。