NECとNECフィールディングは11月2日、オフィスのPCの省エネ化を促進するサービス「エネパル PC」を製品化、同日より販売を開始した。

 オフィス内のPC一台ごとの消費電力量、CO2排出量などを「見える化」し、複数のPCの利用状況を一元的に管理できるサービス。これによって、PC利用者とシステム管理者に気付きを与え、消費電力およびCO2の削減を促進するのが狙い。

PC利用者向けの画面イメージ

 CPUやメモリなどPCの構成部品の使用率、キーやマウスにおける入力状況など、利用者の日々の行動パターンをデータベース化。こうした過去の行動パターンから将来予測を行い、利用者の特性に合わせた節電モードの切り替えを自動的に設定する。

 システム管理者側で全社CO2削減目標値を設定すると、各PCが割り当てられた目標値を認識し、業務に支障をきたすことなく自動的に消費電力のコントロールを行う。設定した目標が達成できそうにない場合は、注意を促すメッセージを発信する。

管理者向けの画面イメージ

 データは一元管理し、月次・年次で集計する。管理ソフトウェアにより、部や課などの単位でCO2削減目標の設定と進捗を把握できる。結果をグラフや表でわかりやすく表示するほか、部や課ごとにデータを管理することで社員の環境意識を高めることができる。

 同サービスは、NECのデータセンターを活用したSaaS型で提供する。このため、顧客自身でサーバーをもつ必要がなく、初期投資を抑えることが可能。税別価格は1000台ライセンスの場合で96万円。出荷は12月1日から。両社は今後3年間でオフィスのPC200万台への提供を見込む。