内田洋行子会社のSIerであるエス・アイ・ユゥ(SiU、札幌市)とファシリティ関連事業の北海道ウチダシステムはこのほど合併した。

 新会社の社名は「ウチダシステムソリューション」で、代表取締役社長にはSiU前社長の山下司氏が就任。両社のシステム構築やオフィス環境事業、教育事業などを集約し、システム提案・構築・導入から保守・サポートまでを担う体制を築いた。

 合併前までは、SiUが内田洋行が全株式の98%を持ち、一方、北海道ウチダシステムが内田洋行の100%子会社だった。両社合併による合計売上高は26億円、従業員は約140人となる。また、SiUの東京支店は、従来通り受託ソフト開発やシステム構築の案件獲得の役割を担う。