チエル(川居睦社長)は、CALLシステム「CaLabo EX」の動画学習ツール「ムービーテレコ」に対応した英語学習教材「America Live!(アメリカ・ライブ)」と「Campus Encounters(キャンパス・エンカウンター)」の2コンテンツを10月30日に発売した。

 新製品は、マクミラン ランゲージハウスの人気DVD教材の提供を受け、CALL教室での一斉授業に対応したコンテンツ。動画で英語を学ぶだけでなく、内容の理解度をチェックする空所補充問題などによるリスニング・テストをはじめ、ディクテーションやシャドーイング、リピーティングなど多彩なパターンで学習することができるリスニング・スピーキングの総合学習コンテンツとなっている。

 「America Live!」は、アメリカ西海岸での生活を短いドラマ仕立てで収録。現地での行事や休日の過ごし方などの場面を、映像を通して学習できる。教材レベルは、TOEICRテスト400-600点、英検3級-準2級。「Campus Encounters」は、アメリカの大学生活で直面する言葉と文化の問題について、映像を見ながら、体験的に学習することができる。「大学でよい成績を取るには?」など、アメリカ人の学生へのインタビューも収録されている。教材レベルは、TOEICRテスト400-600点、英検3級-準2級。

 価格は、2製品ともに、基本1ライセンスが4500円、21ライセンスが7万5000円、41ライセンスが14万5000円、追加1教材が3800円。