KLab(真田哲弥社長)は、特定業界ごとの個人情報、機密情報ファイル検出用機能を搭載した個人情報検出ツール「P-Pointer」の新シリーズを6月9日に発売した。

 新シリーズでは、従来の「人名」「地名」「メールアドレス」「電話番号」といった個人情報検出用の辞書に加え、機密情報として扱われるファイル内によく含まれているキーワードを業界ごとにまとめた辞書を搭載することで、検出能力の向上を図っている。

 ラインアップは、「P-Pointer for Medical」(医療系向け)、「P-Pointer for School」(学校向け)、「P-Pointer for Government」(官庁/自治体向け)、「P-Pointer for Police」(警察向け)、「P-Pointer for Credit Card」(PCI DSS対応向け)の5製品。