グループウェアを開発・販売するソフトウェアベンダーは、バージョンアップのたびに、文書管理機能やウェブメール機能、ワークフロー機能などを競うようにして追加してきた。だが、すべての機能を使いこなせずにいるユーザーも少なくない。フィードパスが11月17日に発売した「feedpath Calendar」の有償プランは、いわば個人向けの無料カレンダーサービスとグループウェアの“隙間”を狙ったSaaS型のアプリケーション。スケジュールの共有や設備予約など、シンプルな機能に絞り込んでいる。

無料カレンダーサービスでSMBに拡販

 フィードパスはまず、無償プランで「feedpath Calendar」への登録を促し、ユーザーの取り込みを図る。新規登録数を増やすことで、11人以上の有償プランへの移行を促進する考えだ。

後藤康成・取締役CTO

 後藤康成・取締役CTOは、従業員が10名から49名規模の企業では46.4%が「専任のシステム管理者を置く余裕がない」という総務省の調査資料を引き合いに出し、「SaaSやオンデマンドの必要性を感じる」と、サービスのターゲット層をSMBに据える。100名以上の企業に関しては、サイボウズのグループウェアを拡販し、棲み分けを図る方針だ。2010年3月までに300件の新規契約獲得の目標を掲げており、近くOEM提供も開始するという。

 「feedpath Calendar」は10名までの利用は無料で、11人以上は有償プランを用意する。有償プランは、11名から20名のユーザー向けの「プラン20」と、21名から50名のユーザー向けの「プラン50」の2種類となっており、6か月あるいは1年契約で販売する。1年契約すると10%割引になるほか、現在5グループに1グループが抽選で1年間無料で利用できる期間限定キャンペーンを実施している。「プラン50」を申し込んだ場合、1ユーザーあたり月額で210円と、サービスの基本料金は格安に抑えることができる。サービスの利用には、同社のWebサイトで新規ユーザー登録する。

 同製品はグループ週表示と個人週表示、個人月表示の3種類のビューをタブで切り替えることができるほか、会議室など社内設備の予約・共有機能、有償版では「サイボウズ Office」からのデータインポート機能を搭載する。後藤取締役CTOは、「グループウェアを導入しても、使っているのはスケジュール管理機能だけで、コスト削減のために契約解除するユーザーもいる。今回のサービスは、スケジュール管理機能を切り出して提供するものだ」と説明する。他社との差異化には、「mixiアプリ」や「iPhoneアプリ」「feedpath Mail」などとの連携や「iPhone」対応の強化を推進する。「APIセットを提供し、アプリ連携で違いをみせる」(後藤取締役CTO)としている。(信澤健太)