日本IBM(橋本孝之社長)は12月1日、TOTO(福岡県、張本邦雄社長)と同社の情報システム開発および運用・保守業務でアウトソーシング(業務委託)契約を締結したと発表した。契約期間は2009年10月から2015年3月までの5年6か月間。

 今回のアウトソーシングの対象は、アプリケーションの開発・保守のほか、ホストコンピュータとサーバーの運用・保守、ネットワークの運用など。TOTOの情報システム部門は、開発や運用・保守業務を日本IBMに任せ、システムの企画立案に集中する。

 TOTOは2009年7月に、長期的経営戦略「TOTO Vプラン2017」を策定。生産革新や基盤強化など、グループ全体を横断的に支援する機能強化を図っている。アウトソーシング契約は、この戦略の一環として決断したもので、IT運用の戦略パートナーとして日本IBMを選んだ。

 日本IBMは、情報システムの運用・保守にあたり、電気系統などの二重化や免震構造をもつ大阪南港データセンター(大阪府大阪市)を活用する。また、ホストコンピュータには、IT資源の共有・集約化を図りながらTOTOに最適なIT資源を提供する「シェアード・ホスティング・サービス」を利用する計画。

 「CMMI」や「ITIL」など、開発・保守に関わるグローバル標準に準拠したプロセスやソリューション、知的資産を積極活用し、高品質な運用・保守サービスの提供を目指すという。