大正製薬(上原明社長)は10月28日、社内情報システムの運用業務などをNEC(矢野薫社長)に委託する「フルアウトソーシングサービス基本契約」を締結したと発表した。

 大正製薬がNECに委託する業務は、システム管理および開発、運用・保守。システムの企画業務は、従来通り大正製薬が手がける。

 大正製薬は、本業の医薬品事業に経営資源を集中させるため、社内で運用してきた情報システム関連業務をNECに委託することを決めた。大正製薬では、今回の契約で「経営面、業務処理に最適な情報技術活用体制の構築と情報システム活用に関する企画力を強化できる。NECのデータセンターによる堅牢・安定的な運用で災害対策の充実なども図ることができる」としている。