ソニー(ハワードストリンガー会長兼社長)は、世界最小・最軽量のUSB接続指静脈認証ユニット「FVA-U1」を12月18日に発売する。企業、病院、文教などに向けて販売しながら市場を開拓する。

 指静脈認証には独自技術「mofiria(モフィリア)」を採用。LED(発光ダイオード)の近赤外光を指静脈に当て、体内で散乱した光をCMOSで効率的に撮像する仕組み。指静脈画像から静脈パターンを抽出。データを約10分の1に圧縮してメモリに蓄積し、データ容量が少なくて済むようにした。

 独自のアルゴリズムで、指位置を厳密に固定しなくても、撮像した指静脈画像から素早く正確に静脈パターンを抽出。同時にかざした指位置の補正を行うことで、高速・高精度の操作性を実現した。

 独自の処理技術に加え、10分の1インチの小型CMOSやLEDの数を減らした高輝度赤外LEDの採用で、幅70×奥行き58×高さ14.5mm、重さ33gという世界最小、最軽量のユニットを実現した。

 LEDの光を指静脈に斜めに当てて撮像するので、平面配置が可能。またネットワークを経由することなく、ユニット単体で静脈情報の登録・認証ができる。ユニットはUSBを利用して、PCなどに組み込むことが可能。対応ソフトウェアを使用すれば、PCのログインやスタンドアロンPCのセキュリティ強化を図ることができる。

 ソニーでは指静脈認証技術対応のソフトウェア開発キットも提供し、企業内の認証アプリケーション開発やシステム構築に対応する。価格はオープン。実勢価格は3万円になる見通し。利用には別途対応ソフトウェアの購入が必要で、ディー・ディー・エス、日本セキュアジェネレーション、ソリトンシステムズ、アイ・ビー・イー・ネット・タイムが開発を行う予定。

FVA-U1