リコー(近藤史朗社長)とノベル(徳永信二社長)は12月3日、サーバーなどの仮想化ソリューションで協業すると発表した。

 ノベルの仮想化ツール「PlateSpin(プレートスピン)Workload Management」製品群を活用し、仮想化環境導入前に無償で既存ITリソースの利用状況の計測などを行う。サービスは、リコーソフトウェアやリコー北海道などのSE(システムエンジニア)人員を統合して設立したリコーITソリューションズが担当する。

 協業の第一弾として、リコーはノベルの仮想化プランニングツール「PlateSpin Recon」を活用し、中堅・大手企業向けに仮想化環境導入前の既存ITリソースの利用状況を計測したり、アセスメントを無償で行う。無償提供は2010年3月31日までで、首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)から開始し、順次名古屋、大阪へ広げる。

 リコーITソリューションズが実施する仮想化・統合化サービスは、マルチベンダー対応が可能だ。仮想化環境導入前にアセスメントサービスを実施することで、既存ITシステムのリソースを可視化でき、肥大化しがちな仮想化の導入コストを最小限に抑えられる。同社は「今後増加が予想されるプライベートクラウド構築ビジネスで、仮想化環境導入前のアセスメントを販売戦略上重要なサービスと位置づけている」と、サービスの拡充でクラウド・SaaS市場での存在感を増す考えだ。