アリエル・ネットワーク(アリエル、原田和人社長)は12月10日、「バイク王」を展開するアイケイコーポレーション(加藤義博社長)が、同社の情報共有基盤にWebコラボレーションウェア「ArielAir Enterprise(アリエル・エンタープライズ)」を採用したと発表した。

 アイケイコーポレーションでは2003年からグループウェアを導入し、数百人規模での利用を想定した製品を使用していた。今回、急激な企業規模拡大にともないキャパシティオーバーが発生したことを受け、全社情報共有システムの見直しに着手。SaaS型を含む数社の情報共有システムを検討した結果、数千人規模での利用も可能なスケーラビリティ、柔軟かつ簡易なWebアプリケーション開発、直感的なユーザインターフェイスなどを評価し、「アリエル・エンタープライズ」を採用した。

 「アリエル・エンタープライズ」では、コンポーネントと呼ばれるシステム部品を組み合わせることによって、様々なアプリケーションをプログラミングなしで簡易に構築することができる。同社ではその特徴を生かし、申請・承認・台帳管理などのワークフロー環境を整備し、従来は表計算ソフトなどで管理していた情報を一元管理する方針。さらに、「アリエル・エンタープライズ」の直感的なユーザインターフェイスを用いて、ITリテラシーに頼らずに高いユーザビリティを実現し、業務効率の向上とリソースの有効活用を進める予定。

 アイケイコーポレーションではこれまで、グループウェアとワークフローで、それぞれ別の製品を使用していたが、「アリエル・エンタープライズ」の導入により、複雑な申請フローを実現しつつ、ワークフローとグループウェアを同一システム基盤上に構築することが可能となった。今後、大幅なシステム管理工数の削減、ユーザーの利便性向上を見込んでいる。