インフォテリア(平野洋一郎社長)は、1月5日、アップル製スマートフォン「iPhone」用コンテンツ作成・配信・閲覧サービス「Handbook(ハンドブック)」の最新版「Handbook1.5」の提供を開始したと発表した。iPhoneのビジネス利用の拡大を見込み、バージョンアップを図った。

 バージョンアップでは、専用ウェブサイト「Handbook Studio」で作成したコンテンツをXML形式で一括インポートする機能を搭載。既存のパソコンや携帯電話向けコンテンツ、企業のデータベース内の既存コンテンツをXML形式に変換し、簡単に「Handbook」に取り込むことが可能になった。

 「Handbook」のコンテンツをXML形式でエクスポートする機能も提供。インポートとエクスポートに対応したXML形式を「Handbook XML」として一般公開することで、コンテンツを再利用できるようになった。

 また、iPhoneやiPod touchに加え、パソコンからHandbookを閲覧できるビューワを提供。環境に応じて閲覧する機器を使い分けることが可能になる。

Handbookアプリ(iPhone)から閲覧したコンテンツ