東芝ソリューション(梶川茂司社長)とマイクロソフト(樋口泰行社長)は11月24日、新聞/報道業界のマルチメディア対応実現に向けたコンテンツマネージメントに関するソリューション分野で協業すると発表した。

 今回の協業では、東芝ソリューションの提供する新聞メディアソリューション「PressSTREAM Dynamicシリーズ」に、マイクロソフトの統合情報活用基盤「Microsoft SharePoint Server2007」と「Microsoft Office 2007」を採用。東芝ソリューションが長年培ってきた新聞社における素材管理システム/組版システムの実績と、生産性向上を支援するOffice製品などの幅広い導入実績とノウハウをもつマイクロソフトの最新技術を連携することで、システム構造を抜本的に変革し、導入コストの大幅削減を可能とする。また、マイクロソフトの保有するクラウド技術を利用することで、新聞制作システムの共有化・共同利用が可能となり、システムの効率的な運用を実現する。

 今後、両社は共同で、新聞/報道機関に向けて「PressSTREAM Dynamicシリーズ」のマーケティング、コンサルティング、構築・保守などを実施。11年春を目標に、メディアマネージメントソリューション「PressSTREAM DynamicCMS」の製品化を目指していく。