星野裕・システム
製品事業理事
 日本IBMは、クラウドサービスでパートナーと連携したオープン戦略を展開することによって、中堅・中小企業(SMB)ユーザーを開拓する。

 具体的には、クラウドシステムをIBMが用意し、クラウドで使用するサーバーのサービスやミドルウェアなどといったレイヤー(層)をSIerなどパートナーに開放する。

 パートナーはIBMのシステムを使って、顧客企業がすでに利用していたり、必要とするアプリケーションやサービスをシステムに組み込み、カスタマイズして、プライベートクラウドに近い環境でユーザー企業が利用できるようにする。

 日本IBMでは、自社でシステムを構築するには資金的に厳しいが、プライベートクラウドと同様の利用環境をもちたいと考えている企業を対象にサービスを展開。新しいクラウドサービスで、これまで弱いとされてきたSMB市場の本格的な攻略に乗り出す。「SMB向けのクラウドサービスでは、IBM単独でハードやサービスをすべて手がける垂直統合型のビジネスでは必ず失敗する。パートナーと連携した新しいエコシステムを構築することがビジネスの成功につながる」(星野裕・システム製品事業理事)とみて、オープン戦略に踏み切った。今後は販促に向けたパートナー支援や施策にも力を入れていく方針だ。(米山淳)