日本IBM(橋本孝之社長)は11月5日、クラウド環境が構築・利用ソリューションとして「IBM CloudBurst V1.2」を11月30日、「IBM Tivoli Service Automation Manager V7.2」を11月6日にそれぞれ発売すると発表した。

 「IBM CloudBurst V1.2」は、クラウド環境構築のためのサーバーやストレージ、ネットワーク、ソフトを組み合わせたシステムに、導入サービスをパッケージしたソリューション。

 日野義久・ソフトウェア事業Tivoli事業部理事事業部長は、「汎用製品としてさらに拡張性を持たせた」と特徴を説明。最新版では、メータリング機能と電力監視機能を追加した。これらの機能で従量課金のためのリソース使用量の情報収集ほか、IT資源や電力の監視が可能になったという。

 そのほか、障害時のフェイル・オーバー機能を搭載。オプションでは、ネットワークセキュリティ機能を用意し、クラウド環境のネットワーク、コンテンツを外部の脅威から防御可能にした。

 一方、「IBM Tivoli Service Automation Manager V7.2」は、クラウド管理ソフトで、「IBM CloudBurst V1.2」にも組み込まれており、他のIBMサーバーやストレージと統合が可能だ。

 価格は「IBM CloudBurst V1.2」が、クラウド稼働環境に必要なハードとソフト、サービスを含めて約3000万円。「IBM Tivoli Service Automation Manager V7.2」が22万3965円。

 従来の「IBM CloudBurst」は開発やテスト向けだったが、最新版ではデータセンター事業者や研究所、大学などにも拡販する方針。施策としては、09年末ごろまで特別キャンペーンを実施し、エントリー構成を約3000万円のところ約1900万円の特別価格で提供するほか、セミナーなどを開催し、認知度を向上させる考え。