ニュース

イメーション、大容量・高速転送を実現したLTO Ultrium 5カートリッジ

2010/03/23 10:09

 イメーション(市村操社長)は3月23日、米イメーションが3月19日に出荷開始した第5世代「LTO Ultrium 5カートリッジ」を、国内で4月21日に発売すると発表した。

 「LTO Ultrium 5カートリッジ」は、LTO評価機関であるMAC(Measurement Analysis Corporation)、LTOテクノロジープロバイダであるHP、IBM、Quantumなどによる製造販売許可を取得して実現したもの。現行世代と比較し、約2倍となる最大3.0TBの大容量記憶容量(データ圧縮時)と高速データ転送速度、新しいパーティショニング機能を備えている。

 WORM(Write-Once、Read-Many)機能の提供とともに、重要データの保存/搬送時の保護に適した、ドライブレベルのテープカートリッジへの暗号化データの書き込み機能も提供。LTO Ultrium 5フォーマットドライブは、LTO Ultrium 4カートリッジの読み書き下位互換性、およびLTO Ultrium 3カートリッジの読み取り下位互換性を備え、データ移行のための投資を保護し、容易な移行を可能にする。

 ラインアップは、「LTO Ultrium 5」と「LTO Ultrium 5 WORM」の2製品。価格はオープン。

LTO Ultrium 5カートリッジ
  • 1

関連記事

イメーション 社長 市村操

イメーション、SMB向けバックアップデータ遠隔保管サービス

イメーション BDメディアが5倍以上の伸び 小冊子の展開など販促強化も

【店頭販売奮闘記】イメーション(上) 店員の気持ちになって売り場をつくる

【店頭販売奮闘記】イメーション(下) 米TDKを手本に営業と二人三脚

外部リンク

イメーション=http://www.imation.co.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>