ワンビ(加藤貴社長)は4月7日、遠隔データ消去ソリューションの新バージョン「トラストデリート」エンタープライズ版バージョン2.5を5月31日に発売すると発表した。

 「トラストデリート」は、重要なデータを遠隔操作で消去するセキュリティ製品。パソコンを紛失、または盗難にあった際に、サーバーに消去指示を送るだけで対象データを消去できる。

 新バージョンでは、インテルvProテクノロジーに対応し、盗難・紛失したパソコンが電源の入っていない場合に、あらかじめ設定した時間に電源を投入して個人情報が含まれているデータを消去する「ウェイクアップ消去」機能を搭載。トラストデリートの管理サーバーで、パソコンの起動時間を設定しておくことにより、vProのPCアラームクロック機能と連動し、スリープ状態や電源OFF状態からパソコンを起動して、データの遠隔消去を実現する。