日本IBM(橋本孝之社長)と、先ごろ株式会社化した第一生命保険(渡邉光一郎社長)は、4月12日、保険事務の品質向上と効率化を図る共同プロジェクトを実施し、3月までに完了したと発表した。日本IBMは今後、プロジェクトで開発した分析ソリューション「プロセス・セマンティック分析ソリューション」を他社に横展開していく。

 分析ソリューションは、日本IBMの東京基礎研究所とT.J.ワトソン研究所(米国)が開発。大量の業務システム・ログから事務フローの実態を可視化し、業務の課題情報を取り出すことができる分析手法だ。T.J.ワトソン研究所では、複雑な事務工程が存在する保険会社の事務プロセスに「プロセス・セマンティック分析ソリューション」を適用することに着目し、第一生命と共同研究を開始した。

 具体的には、膨大なログから案件単位に各タスクの意味や担当者の役割、問題の有無などをビジネスの観点から抽出し、その結果を部門全体で集約し、統計分析手法を適用する。この分析結果から得た情報をもとに、各案件の業務実態を把握し、改善領域を特定する。

 保険業界は、顧客ニーズの多様化や新興国への適応などに伴って、市場全体のニーズが変化している。コストを抑えながら、契約時の説明能力から支払いまでの品質向上と効率化が、競争力を強化するうえで重要になっている。(谷畑良胤)