日本IBM(橋本孝之社長)でITベンダーとの協業ビジネスを指揮する中核組織「パートナー&広域事業」部門が、中堅・中小企業(SMB)市場向け事業で新施策を展開する。パートナーのサービス・ソリューションの流通・再販モデル「サービス・オリエンテッド・パートナリング(SOP)」を新たに考案し、今春から本格的に開始する。ITベンダーが、日本IBM製のハードやソフトを使ってITサービスを企画・開発、販売する仕組みや支援体制をつくることで、パートナー網を増強。自社のハードとソフトの販売に結び付ける算段だ。