日本IBM(橋本孝之社長)は、4月21日、ストレージ機器でアクセス頻度に応じた自動的にデータを再配置する機能「IBM System Storage Easy Tier」を、5月21日から無償で提供すると発表した。業界初の試みとして、1GB単位と少ない容量に対応。分散化したストレージ機器の統合化ができる機能として、既存顧客を中心に導入促進を図る。

 「IBM System Storage Easy Tier」は、最上位モデルのストレージ機器「IBM System Storage DS8700」に特化した機能。DS8700に保存したデータへのアクセス頻度を検出し、データを自動的に再配置する。

 アクセス頻度が高いデータを高速アクセスが可能なSSD(半導体ドライブ)に配置し、頻度が低いデータは低価格なHDD(ハードディスクドライブ)に移動させることを自動的に行うので、ユーザー企業は簡便なデータ管理ができるようになる。

 また、データ量の多い論理ユニット単位などの一般的なデータ移動ではなく、1GB単位と少ないデータ量を移動できることも特徴。DS8700は、最大2TB(テラバイト)の容量で構成していることから、最大で2000種類のデータを再配置できることになる。ユーザー企業にとっては、最適なデータ管理ができ、コスト削減につながる。

 山崎徹・システム製品事業ストレージ事業部長は、「データ量の爆発的増加、データ管理の複雑化への対応が必要」と訴えたうえで、今回の機能によって、「コストと複雑性の低減を実現する」とアピールした。

 DS8700の導入ユーザー企業に対しては、すでに無償で提供。「Easy Tier」を搭載したモデルについては、無償提供と同じ5月21日の出荷開始を予定している。価格は、3億2509万5500円。

山崎徹事業部長