レッドハット(廣川裕司社長)は、4月30日、「Red Hat Enterprise Virtualization」が、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)のクラウド型仮想ホスティングサービス「Bizホスティング ベーシック」のITインフラとして採用されたと発表した。

 「Red Hat Enterprise Virtualization」は、クラウドサービス向けの仮想化製品で、2009年の9月に発売。複数の企業や組織が、コンピューティングリソースを安全に共有できる。

 NTT Comは、「Red Hat Enterprise Virtualization」のベータ顧客として、KVMベースの仮想化プラットフォームをRed Hatと共同開発していた。