NTTコミュニケーションズ(和才博美社長)は、クラウド型のPC管理サービス「Bizセキュリティ PCマネジメント」の申し込み受付を、2010年4月1日から開始する。

 「Bizセキュリティ PCマネジメント」は、PCのセキュリティ対策と資産管理業務を統合し、低コストで運用するクラウド型PC管理サービス。統合メニューを提供するほか、資産情報をベースにした端末ごとのセキュリティ対策を網羅的に実施する。

 社内ネットワークに接続しているだけで、把握できていないPCを自動検出。漏れのないPC資産管理ができる。また、パッチの一斉適用や適用が必要な端末の一覧表示、外部媒体への書き出し制限、アプリケーションの起動制限、履歴の記録など、情報漏えい対策に対応する。

 リモートアクセスによってリアルタイムでPCを一元管理するので、国内だけでなく、海外拠点などの利用状況も把握できる。また、日英中仏独の多言語OSに対応。英語対応可能なヘルプデスクをオプションで提供し、海外拠点をサポートする。

 価格は、初期料金が10万5000円(税込)からで、サービス登録作業費や設定作業費、管理者向けマニュアルなどを含む。導入プランは2種類。セキュアバリュープランは、1050円(月額、税込)で、資産情報の収集、パッチ管理、ウイルス定義ファイル管理、セキュリティ構成設定情報確認・変更、アプリケーション制御、外部デバイスへの書き出し制御、月次レポート。ベーシックプランは、525円(月額、税込)で、資産情報の収集、パッチ管理、ウイルス定義ファイル管理、月次レポート。今後、管理対象端末にスマートフォンを加える予定。

「Bizセキュリティ PCマネジメント」サービスの概要図