Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー、川合林太郎代表取締役)は6月1日、インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)が展開するクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)」に、アンチウイルス製品とアンチスパム製品を提供すると発表した。

 「IIJ GIO」は、高品質・大容量のIIJバックボーン上で提供され、豊富なサービスバリエーションをもつクラウドサービス。今回、同サービスの中のホスティングパッケージサービス-セキュアメールプランでカスペルスキー製品が採用された。

 カスペルスキーは、これまで「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」と「LaIT(ライト)」にも製品・ソリューションを提供しており、IIJとの連携は今回が3例目となる。同社では、先進的かつ高度な技術力を保持するIIJとのパートナーシップを重要視しており、協業関係を今後も強化していく方針。