ファナティック(内義弘社長)とデータコア・ソフトウェア(データコア、ピーター・トンプソン社長)は、ファナティックがデータコアの「シルバー・パートナー」になったと発表した。

 ファナティックは、自社のハードウェアにデータコアのストレージ仮想化ソフトウェア「SANsymphony」「SANmelody」を加えることで、高い信頼性と柔軟性、拡張性を実現するストレージ環境を提案する。

 また、データコアの製品を取り扱うにあたり、データコアの認定資格「DCSA(DataCore Certified Solution Architect)」と「DCIE(DataCore Certified Implementation Engineer)」を取得。過去に培ってきたハードウェア構築ノウハウをもとに、データコア製品を使ったストレージ環境構築サービスを提供する。