NEC(遠藤信博社長)は、8月6日、米オレゴン州の電力事業者Portland General Electric社(PGE)と共同で、電気自動車(EV)用急速充電器の実証実験を開始したと発表した。NECのEV急速充電器は同州ポートランド市から認可を受けた北米初の公共サービス向け設備となる。

 実証実験には、NECとPGEのほか、州政府や自動車メーカーが参加予定。NECは大容量(50kW)タイプのあEV用急速充電器をPGE本社に設置し、操作性などを検証する。充電器はNECの連結子会社、高砂製作所が開発・製造。20~30分程度の充電で、車載バッテリの80%の容量を満たす仕様で、日本国内標準の「CHAdeMO協議会」が定める規格にも準拠している。

 NECは、今回の実証実験で得たデータやノウハウを国内外のEV普及と充電インフラの整備に役立てる。