NEC(遠藤信博社長)と住友生命保険の情報システム子会社、スミセイ情報システム(佐竹新一郎社長)は、7月23日、金融機関向けクラウドサービス事業で協業したと発表した。

 第一弾として、住友生命保険に対し、資産運用システムをクラウドサービスとして提供する。スミセイ情報システムがもつ資産運用システムの構築・運用ノウハウと、NECのデータセンターやクラウドサービス関連の技術・を組み合わせてサービスを開発・提供する。住友生命は、システム基盤を自社内でもたずに運用することで、関連コストを5年間で約40%削減することを目指す。サービスの利用開始は2011年9月。

 サービスで活用するNECのデータセンターは、免震・耐震構造や複数センター間でのバックアップ体制など、災害対策・事業継続対策を施した施設。統合運用監視や情報セキュリティに対応し、金融系システムのガイドラインである「FISC」安全対策基準に準拠している。