アプレッソ(長谷川礼司社長)は、クラウドEAI連携アダプタの機能を強化した。セールスフォース・ドットコム)の提供するSaaS型クラウドサービス「Salesforce.com」と他のシステムとのデータ連携を行うEAI(Enterprise Application Integration)製品で提供中の「DataSpider Salesforceアダプタ」に、「WebService API 18.0」や「Salesforce Bulk API」対応を追加した。

 アプレッソは、自社内のシステムとクラウドサービス「Salesforce CRM」「Force.com」との相互連携利用を、短期間で柔軟に実現するDataSpiderの「Salesforceアダプタ」を提供している。

 Salesforceとの連携アダプタによって、既存システムからクラウドへのデータ移行やSalesforceのデータの参照、データ受け渡しの操作が簡単にできるようになった。新たに、Force.comの「WebService API18.0」や「Bulk API」に対応したことで、さらに簡単で迅速なデータ連携が可能になる。

 レコード更新時にSOAPメッセージにCSV/XML形式のファイルを添付し、サーバー側でファイルをローディングして非同期にデータ更新を行う「BulkAPI」で、更新頻度の増加と高速処理を実現した。

 また、Salesforce内のデータにアクセスするためのクエリ言語「Relationship-Query」を用いたデータ読み取り機能を追加し、関連のあるレコードを一度に取得できるようになった。クエリを複数回発行しなくても簡単に呼び出し、連携の実装工数を削減する。

 「Force.com」の更新結果を、行単位で詳細に取得できるようにした。例外発生時のエラー情報はコンポーネント変数で取得可能になり、さまざまなハンドリングを考慮した処理を構築できる。UNDO/REDO機能の追加など、開発を考慮して機能を向上している。