インターコム(高橋啓介社長)は4月14日、NECアクセステクニカ(中村隆介社長)のビジネス向けFAX機「NEFAX IP」シリーズ新製品の付属パソコンFAXソフトとして、「まいと~く FAX 9 Pro for MFP(N)」を供給すると発表した。

 「まいと~く FAX 9 Pro for MFP(N)」を供給するビジネス向けFAX機は、「NEFAX IP6100CS」「NEFAX IP5100」「NEFAX IP4100」「NEFAX IP3100」の4製品。「NEFAX IP6100CS」と「NEFAX IP5100」は標準付属ソフトとして、「NEFAX IP4100」と「NEFAX IP3100」ではオプションとして、企業ユーザー向けに提供する。

 「NEFAX IP」シリーズを導入した企業は、「まいと~く FAX 9 Pro for MFP(N)」を使用することで、パソコンで作成した文書をそのパソコンから直接FAX送信することができる。文書を毎回紙に出力してFAX機まで移動する必要がないため、FAX送信時の手間と紙の無駄を削減する。また、特別なサーバーの設置は不要で、LAN環境を用意することで、簡単にパソコンとFAX機の連携が可能となる。

 今回、「まいと~く FAX 9 Pro for MFP(N)」が採用されたポイントとしては、「NEFAX IP」シリーズとの連携がスムーズに行える点や累計313万本の出荷実績をもつ信頼性の高さを挙げている。また、約300種のサンプル送付状や、間違いFAXの防止につながる送信先確認、複数原稿を割付して送信できるエコFAX、複数の宛先に対して原稿を一斉送信できる順次同報送信など豊富な機能を搭載している点もNECアクセステクニカから評価されたという。