ニュース

米IBM、2010年第4四半期、売上高・純利益とも過去最高の伸び

2011/01/19 10:21

 米IBM(サミュエル・パルミサーノCEO)が1月18日(現地時間)に発表した第4四半期決算によると、売上高は前年同期比7%増の290億ドルで、純利益は同9%増の53億ドル。いずれも過去最高の伸びとなった。

 なかでもサービス契約の受注高が18%増の221億ドルと、売上げ拡大に大きく貢献した。売上げ成長率が最も高い地域はブラジル・ロシア・インド・中国(BRICs)で、29%増だった。アジア太平洋地域は14%増、北南米地域は9%増。一方、欧州・中東・アフリカ地域は2%減少した。

 2010年通年は、売上高が前年同期比4%増の999億ドル、純利益が10%増の148億ドル。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

日本IBM社長 橋本孝之

<日本IBM ISV/パートナーと描く業種戦略>1 業種別フレームワーク整備 製造業、電気・ガスなど

日本IBM ソフトウェア事業を変革 コンセプトの明確化で製品拡販

日本IBM リセラーの深耕作戦を展開 マイクロソフトと組み、セミナー企画

日本IBM、グローバル統合化したパブリック・クラウド・サービス、2011年3月提供

外部リンク

日本IBM=http://www.ibm.com/jp/ja/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>