日本IBMが、ソフトウェア事業の変革を進めている。新しいエバンジェリスト制度を進行させており、IBM製品で実現可能なコンセプトを明確化することによって、製品の拡販を図っている。市場での地位を確立することが最大の目的だが、製品の浸透に向けて、販社にとって売りやすい環境をつくることも目的としている。