富士通マーケティング(FJM、古川章社長)は、1月25日、シマンテック(河村浩明社長)と協業し、月額料金制のウイルス対策サービス「Business Security Technical Service(BSTS=ビステス)を1月下旬に発売すると発表した。

 新サービスは、富士通が提供するオンデマンド仮想システムサービスと、シマンテックのセキュリティソリューション「Symantec Endpoint Protection」を組み合わせたもの。ユーザーのクライアント端末とサーバー環境をインターネットを通じて監視し、コンピュータウイルス感染などの問題が発生した時は、ユーザーの情報システム管理者に通知。ウイルス駆除やシステム復旧を手がけるほか、感染状況などを月次で報告する。

 月額料金は500円/1ID。FJMは、富士通のパートナー企業と協業し、2年間で8万IDの販売を目指す。(木村剛士)