日本IBM(橋本孝之社長)は、1月26日、ITを使って地球の“スマート化”を図るコンセプト「Smarter Planet」を軸にしたソリューション事業の拡大を目指し、ソフト開発パートナー(ISV)向けセミナー「Partner Ecosystem for IBM Smarter Planet 2011」を、東京・六本木で開催した。

セミナー会場

 セミナーの冒頭、日本IBMの川原均専務執行役員ソフトウェア事業担当が、「当社はソフト開発パートナーを対象に、技術やマーケティング、スキル育成などを支援し、パートナー企業がこれまで縁がなかったお客様に触れる機会をつくっていく」と、支援を強化する戦略を語った。

日本IBMの川原均専務執行役員ソフトウェア事業担当

 米IBMソフトウェアグループISV&デベロッパーリレーションズのジム・コージェルゼネラルマネージャは、パートナー支援強化の具体的な施策として、認定パートナーへの支援金制度をはじめ、IBMとの共同販売や業界イベント参加機会の優先提供などの特典を与える取り組み「インダストリー・ソリューション・スペシャリティ」の日本での開始を発表した。

 「インダストリー・ソリューション・スペシャリティ」は、医療や製造、金融などの業界において最も影響力をもつISVやシステム・インテグレータ(SIer)をパートナーとして獲得し、同社のパートナービジネスを成長させるプログラム。コージェルゼネラルマネージャは、「パートナービジネスはIBMビジネス全体の35%を占めており、今後の事業拡大に向けて必要不可欠な分野だ」と重要性を強調した。

米IBMソフトウェアグループISV&デベロッパーリレーションズのジム・コージェルゼネラルマネージャ

 日本IBMソフトウェア事業ISV&デベロッパー事業推進の佐内桐梧部長は、「ソフト開発パートナーの国内での事業展開だけでなく、『ゴー・グローバル』をモットーに、海外進出や海外でのビジネスを積極的に支援していきたい」と話した。

日本IBMソフトウェア事業ISV&デベロッパー事業推進の佐内桐梧部長

 会場にはISVの関係者を中心に約200人が集まり、IBMとの交流を深めた。(ゼンフ ミシャ)