日本IBMは、2010年度(2010年12月期)にクラウドコンピューティングを中核とする事業体へと変貌を遂げた。企業内にクラウドを提供するプライベートクラウドにとどまらず、パブリッククラウドも立ち上げ、そのクラウド・サービスを「売る」体制も整えた。11年度以降は、「進化と深化」の年という橋本孝之社長に、次世代に向けた事業方針を聞いた。