日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA、大塚裕司会長=大塚商会社長)は、1月17日、毎年恒例の賀詞交歓会・新春特別セミナーを東京都内のホテルで開催した。特別セミナーでは、有力ハードメーカー6社が集まり、「2011年 わが社の製品・販売戦略」と題したテーマで発表を行った。

 上位メーカーによる戦略の披露は毎年恒例の内容だ。今回、登壇した各社の代表は、ソニーマーケティングの松原昭博・執行役員ITビジネス部門長、東芝の深串方彦・執行役上席常務デジタルプロダクツ&ネットワーク社社長、レノボ・ジャパンの留目真伸・常務執行役員エグゼクティブディレクター、NECの國尾武光・取締役執行役員常務、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の那須一則・執行役員、富士通の齋藤邦彰・執行役員パーソナルビジネス本部長の6人。各社10分ずつ、自社の戦略を披露した。

 今年は環境対策、クラウド、スレートに代表される新クライアント端末について言及するメーカーが多かった。ソニーマーケティングは、テレビ会議システムとの連携と運用管理ソリューション、東芝はモバイル端末の強化、レノボはパートナー支援体制、NECは環境とクラウド端末、日本HPは製品ポートフォリオの充実、富士通はスレートPCの新製品などについて主に言及し、各社ともに販社に向けてPRした。(木村剛士)

会場には有力システムインテグレータやディストリビュータなどが多く集まった