IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、2月28日、ユーザー企業のサーバーをデータセンターで代行監視・運用するサービス「データセンターアウトソーシング」市場の地域別調査結果を発表した。

 データセンターアウトソーシングには、サーバー設置場所を貸し出す「コロケーション」と、データセンター事業者が所有するサーバーを顧客に提供する「ホスティング」と呼ばれるサービスがあるが、今回の調査はコロケーションを対象としている。

 地域別にみて、関東地方にあるデータセンターの2010年のシェアは、金額ベースで国内全体の72%を占める3575億円となった。さらに細分化して、東京都23区内のデータセンターだけでみると、シェアは34%。IDC Japanでは、関東地方にあるデータセンターのシェアは、14年まで順調に拡大し、14年には全体の77%、4561億円に達すると予測している。(木村剛士)