IDC Japan(武内正人代表取締役)は、11月1日、2010年1~6月のクライアント仮想化ソリューション市場の調査結果を発表した。

 クライアント仮想化ソリューション市場規模は、2010年は1921億円で、2014年には5388億円に達すると予測。09年~14年までの年平均成長率(CAGR)は、32.9%としている。なかでも「DaaS(クライアント仮想化ホスティング)」の伸び率は高く、09年~14年までのCAGRは93.5%で、14年には626億円に到達するとみている。「10年末には、30社以上のベンダーが参入する」という見通しも示している。

 クライアント仮想化ソフトウェアのライセンス数は、10年1月~6月の期間で約36万ライセンス(前年同期比32.3%増)が出荷され、14年には220万ライセンスまで増加するとした。シンクライアント専用端末の出荷台数も、景気後退から回復して、10年1月~6月の実績値は約8万5000台で、前年比46.1%と急激に伸びた。

 IDC Japanの渋谷寛・PC、携帯端末&クライアントソリューションシニアマーケットアナリストは、「2010年は経済状況も好転し、クライアント仮想化ソフトの需要が飛躍的に高まった。とくに大手金融業で1万台以上の大規模案件が顕在化した。今年は、デスクトップ仮想化が多くのユーザー企業に認知される重要な年」と分析している。