IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、10月19日、国内データセンター向けサーバーの2009年出荷実績と14年までの予測を発表した。

 09年の出荷金額は、前年比6.5%減の1030億500万円でマイナス成長だった。しかし、10年にはプラス成長に復帰し、その後も中期的な成長を見込んでおり、09年-14年の年間平均成長率(CAGR)は2.6%とした。その結果、14年の市場規模は1169億900万円になるという。サーバーのモデル別でみると、x86サーバーが需要をけん引すると同社ではみている。

 IDC Japanの福冨里志・サーバーリサーチマネージャーは、「x86サーバーの重要度が増せば増すほど、価格競争が激化するのは必至。そのような状況での選択肢は、主に『積極的な価格戦略の採用』『主要ホスティングサービスやクラウドサービス事業者との戦略的提携、もしくは自らの転身』『x86サーバービジネスからの撤退』の三つだ。採算性や自社の他事業との関連から、いつ、どのようなタイミングで、どの選択肢を採用するのか、明確な戦略をもつ必要がある」と述べている。

国内データセンター向けサーバー市場出荷金額の実績と予測