IDC Japan(武内正人代表取締役)は、9月2日、国内プライベートクラウド市場の2009年実績と10年~14年の予測を発表した。

 IDC Japanが定義するプライベートクラウドとは、個別企業または企業グループのみが利用可能なITの利用形式、またはそこで提供されるサービス。09年の市場規模は984億円で、10年は前年比26.0%増の1240億円とみた。また、09年~14年までの年間平均成長率(CAGR)は30.7%とし、14年の市場規模は3759億円と予測した。

 クラウドは、08年に不特定多数の企業が標準化されたサービスを利用するパブリッククラウドが勃興。その後、セキュリティ上の問題を不安視した企業が、プライベートクラウドに着眼して普及が加速している。今では、「プライベートクラウドはパブリッククラウドより大きな市場を形成している」(IDC Japan)という。

 IDC Japanは、10年7月に同社が行ったユーザー調査で、プライベートクラウドの導入を検討中の企業にシステム構築予算を聞いた結果を分析し、「今後は500万円未満の小規模案件が増加する」とみている。

 唐澤正道・ITサービスグループシニアマーケットアナリストは、「ベンダーは、潜在需要の大きい予算規模である500万円未満の案件をを積極的に取り込むべき。そのためには、小規模プライベートクラウドシステムに対する効率的な構築方法を用意するべきだ」と話している。

国内プライベートクラウド市場規模予測