エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、米Accusoft Pegasus社のバーコードアプリケーション開発ツールキットの新バージョン「Barcode Xpress v7」を発売した。

 「Barcode Xpress」は、画像ファイルから1次元および2次元のバーコードを検出、読み取り、解読、作成する開発ツールキット。Code 39、Code 128、UPC、JAN(EAN)などの1次元バーコードに加え、DataMatrix、QRコード、PDF417、Aztecなどの2次元バーコードをサポートする。画像内の任意の場所にある複数のバーコードを高速に認識し、その値と認識の信頼精度を通知する。新バージョンでは、QRコード、PDF417、Aztecなどの2次元バーコードの認識精度の向上、カラー/グレー画像のサポート強化、一貫した信頼性のある戻り値の改良などを強化している。

 価格は、「Barcode Xpress v7 1D Standard .NET(32&64bit)」、「同 1D Standard ActiveX(32bit)」、「同 1D Standard ActiveX(64bit)」が19万1100円、「同 1D Standard ActiveX(32&64bit)」が27万3000円、「同 1D/2D Professional .NET(32&64bit)」、「同 1D/2D Professional ActiveX(32bit)」、「同 1D/2D Professional ActiveX(64bit)」が24万5700円、「同 1D/2D Professional ActiveX(32&64bit)」が31万3950円。