インフォテリア(平野洋一郎社長)は、保守サービスのユーザーに提供している「保守割」のポイントを利用した義援金プログラムを開始した。

 「保守割」は、同社の保守サービスを利用し、インフォテリアが実施する顧客満足度(CS)向上の施策に参加しているユーザーを対象にポイントを付与する制度。ポイントはインフォテリア製品の保守料金割引(3年間継続で最大12%相当)に利用したり、インフォテリアが提供するサービスに交換することができる。

 ユーザーは手持ちの有効ポイントを申請することで、震災への義援金に交換することができる。1ポイントから申請可能で、保有ポイントの範囲で申請上限は設けない。ポイント換算率は1ポイントにつき1円。ポイントは、全額被災地支援に役立てる。

 申請は、所定の申請書に記入のうえ、インフォテリアに送付する。受付は2011年3月30日午前中必着分まで。申請書は「保守割」のユーザーサイトからダウンロードでき0る。また、捺印申請の関係で正式書類の発送が上記期限に間に合わない場合は、捺印前書類をFAXまたは電子ファイルでインフォテリアに送ることで仮申請となる。

 寄付実績公表時には、義援金プログラム参加企業としてインフォテリアのウェブサイトでリストを公開するが、非公開を望む企業に対しては非掲載とする。(鍋島蓉子)